検索
  • 赤峯豪

本当の自分なんてものを探して歩いてきたけど

誰もそいつを見つけたためしはない

相手に見せてる顔などいつも仮面のままだろう

その仮の姿が真実だと気づく

何が出来るのか何が出来ないのか

忘れ去られた生命などない 幻想


いつだって苦しいのは自分だけ 被害妄想 罠に嵌る

ねだった無い物はどこにあるのか わかる訳ない

負けず嫌いの遠吠えも 傍から見たら負け犬と同じ

欲しがる前に与えられたら 待っても助けは来ないさ

嘘偽りで塗り固めた日常に“彩ら”れ

その中で生きる不感な毎日

終わらない旅路に喩えた探し物は存在してる?

それぞれが心に見つけた着地点

何を求めるのか何が要らないのか

深く考えるほど迷い込み 迷走


そして理解してるのは自分だけ 誰も信じられない臆病

犯した過ちは消えないけど 笑っていると

聞こえるのは風の便り それだけでも安らぐ香り

歌う言葉が狡さを見せても この想いは消えない


何度も傷つけ傷つきながら

騙し騙しの縺れ


いつだって苦しいのは自分だけ 被害妄想 罠に嵌る

ねだった無い物はどこにあるのか わかる訳ない

負けず嫌いの遠吠えも 傍から見たら負け犬と同じ

欲しがる前に与えたいんだ 待っても助けは来ないさ

  • 赤峯豪

最終更新: 2020年7月29日

いくつもの道が重なり交わり 僕らがいて

無数の交差点が全て世界を形作ってるように


消えかけた虹をまた描き出してる 君を思う

いつもの笑い顔もたまの泣き顔にも見えるように


自分が生み出した恐れに蝕まれてしまうから

僕はいつでも何度も君を呼ぶ


君の温もり 届く触れ合い

その一つ一つが本当は奇跡

手をのばしても届かない距離

だからこそ強く近づく祈り

離れていても繋がってると知った


喉元過ぎても熱さを忘れない 僕らでいて

互いを思いやれる優しさがいつもここにある


一度きりの人生だとわかってるつもりでいたけど

会いたい人に会えないその時も


聞こえなくても届く想いが

この星の空に溢れてるから

悲しいけれど でも大丈夫

また会える日々が必ず来るから

そばにいるよ心は一つのままで


君の温もり 届く触れ合い

その一つ一つが本当は奇跡

手をのばしても届かない距離

だからこそ強く近づく祈りを

離れていても繋がってると知った

  • 赤峯豪

泣いてたのはもう一人の僕

笑ったのはまた違う自分

選ばれない人間だと気づき

その時点ではもう遅いだろう


腐った集団の中 間違った価値観に

押し潰され自分を消してしまう

その末路には..


僕がキミに会いたいのは

その暗闇から救い出す誓いで

もうその他大勢に紛れなくても

二度と汚れた鎖に囚われることない自由へ


訊ねたのはもう一人のキミ

応えたのはまた違う自分

選ばれない人間が選んだ

その望みはただ“イキル”こと


触れることは叶わない隔たれた視界でも

見えてるのは同じ現実で

その区別はない


僕がキミに会いたいのは

その柵から抜け出せる期待で

もう十分だろ笑わなくていい

何度躊躇ってみても行き着く先は同じで


もし明日がなくなったら

今日はどんな時間が流れるだろう


僕がキミに会いたいのは

その暗闇から救い出す誓いで

もうその支配に怯えないで

強く見つめた未来をこの手が選ぶ卒業